病院紹介

ご挨拶

寿光会中央病院は尾張と三河の境目,緑に恵まれた好条件の環境に位置します.

昭和34年に「郡司診療所」としてこの地に発足し,以後地域と密接な関係を保ち

ながら地域医療に専念してまいりました.

 

昭和41年には「三好中央病院」へ名称変更し,現在に至るまでの長い間地域医療

に貢献してまいりました.旧病院の屋外には実物の「ヨット」を展示しており,今でも

当時の当院をご存知の皆様より「ヨットの病院」と声をかけていただけます.

 

平成14年に新築移転,この移転を機に「寿光会中央病院」へ名称変更しました.

 

これからも皆様が快適で過ごしやすい環境をめざすとともに,大学病院等の救急病院

との役割分担を明確にしながら,良質な医療を提供するよう日々努力しております.

また,併設の老人保健施設や近隣の各医療機関とも密に連携し,より多くの皆様へ

「喜び」と「笑顔」を提供できるよう,職員一同努力致します.

 

 

 

 

小話:「寿光会」の由来

「寿光会」ってどういう意味??

 

時々こんなご質問をいただきます.

「高齢者病院という意味ですか?」と聞かれることが多いです.

 

「寿光会」という名称は,当院創設者の名前より「寿」を選び,自身の病院が末永く

輝いていって欲しいという想いより「」を選び,その2文字を医療法人の名称とした

ことに由来しております.創設者の想いを世代を越えて我々が引き継いでおります.

 

平成14年に「三好中央病院」より現名称へ変更しました.近隣に「三好町民病院」

(現:みよし市民病院)があり,皆様がしばしば混同されておりました.

当院の新築移転を機に「寿光会中央病院」へ名称変更致しました.

地元の皆様からは今でも「ちゅうおうびょういん」と呼んでいただけます.

 

投稿日:2017年2月9日 更新日:

執筆者:

〒470-0224
愛知県みよし市三好町石畑5
TEL 0561-32-1935

過去の投稿

サイト内検索